院長挨拶

市民の皆様へ

加藤道夫肝臓内科クリニックの加藤でございます。
2015年5月11日、阪急塚口駅前にて開院いたしました。
小生は、1976年に和歌山県立医大を卒業し、大阪大学第一内科(現在は消化器内科)の一員として大阪府立成人病センターで研修をおこなった後、1978年10月より30年間国立大阪病院(現国立病院機構大阪医療センター)で肝臓病診療に従事し、その後、和歌山県田辺市の国立病院機構南和歌山医療センターにて副院長として6年半勤務いたしました。

肝臓は「沈黙の臓器」と言われます。よほど悪くならないと症状がでないのです。そのため定期的な検診が非常に大事になります。アルコール多飲や肥満の方は「肝臓が悪いかも知れない」と思われることがあるでしょうが、B型肝炎やC型肝炎のキャリアかどうかは、血液検査をしないと全くわかりません。
ここ尼崎は全国的にみても肝臓がんの死亡率がきわめて高く、肝炎ウイルス検診の必要性が強く指摘されています。C型肝炎のほか、B型肝炎、アルコール性肝障害、自己免疫性肝障害、非アルコール性脂肪性肝炎等の肝臓病の方からも多くの肝臓がんが見つかります。

当院では、肝臓病診療とともに、定期的に患者様やその家族の皆様向けの「肝臓病教室」を開催いたします。治療が必要な皆様に対して速やかに治療を開始し、お一人でも肝臓がんになられないように、微力ですが力を注ぎたいと考えております。とくにC型肝炎に対する治療の進歩にはめざましいものがあります。2015年9月よりきわめて治療効果の高い治療法が保険適用になりましたので、よほどの不良な因子を持たれているキャリアを除き、ほとんどの方のウイルスを排除できると考えられます。
「肝臓」が気になる皆様は、是非一度ご来院ください。

当院のモットーは、三つのA「明るく、愛のある、安心のクリニック」です。

医療従事者の皆様へ

加藤道夫肝臓内科クリニックの加藤でございます。
2015年5月11日、阪急塚口駅前にて開院いたしました。
小生は、1976年に和歌山県立医大を卒業し、大阪大学第一内科(現在は消化器内科)の一員として大阪府立成人病センターで研修をおこなった後、1978年10月より30年間国立大阪病院(現国立病院機構大阪医療センター)で肝臓病診療に従事し、その後、和歌山県田辺市の国立病院機構南和歌山医療センターにて副院長として6年半勤務いたしました。

この国立病院(機構)に奉職いたしました36.5年の間に、肝臓病治療は大きく変貌し、とくにC型肝炎に対する治療の進歩にはめざましいものがあります。2015年9月よりきわめて治療効果の高い治療法が保険適用になりましたので、よほどの不良な因子を持たれているキャリアを除き、ほとんどの方のウイルスを排除できると考えられます。しかし、ご自分が肝炎ウイルスキャリアであるかどうか分からない方がまだ多数おられることも事実です。ここ尼崎は肝癌死亡率がきわめて高く、肝炎ウイルス検診の必要性が強く指摘されています。C型のほか、B型肝炎、アルコール性肝障害、自己免疫性肝障害、非アルコール性脂肪性肝炎等からの発癌も未だ多く認められます。

当院では、肝臓病診療とともに、定期的に患者さん向けの「肝臓病教室」を開催し、肝臓病患者さんに対する啓発活動にも力を注ぎたいと考えております。
肝臓病に関しましてのご指示、ご紹介を賜りますようお願い申し上げる次第でございます。

当院(加藤道夫肝臓内科クリニック)は
日本肝臓学会より認定を受けております

・認定肝臓専門医
・Best Doctors
・優秀専門臨床医

license

問診表ダウンロード

電話

06-6423-5222

@加藤道夫 肝臓内科クリニック
pagetop